FC2ブログ

    やっぱり男が好き ~下着(ビキニ・ブリーフ・六尺)好き中年親父の部屋~

    男性のもっこり下着姿を中心に、お気に入りの画像を紹介

    2379:魅惑の体毛     

    もっこりを窺えないのはちょっと残念だが、何とも素敵な魅惑的体毛である。でもやっぱり、股間周りのこちらも濃いに違いないであろう陰
    毛を含めた体毛も見てみたい (^^;) 。

    2379-01.jpg  2379-03.jpg  2379-02.jpg

    スポンサーサイト
    [PR]

    [PR]

    1. 2019/05/31(金) 08:47:51|
    2. アジア・体毛
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:4

    【 愛しき昭和・平成の歌謡曲たち vol.36/帰り道 】

    ソロになってからの堀内孝雄も嫌いではないのだが、
    谷村新司の横で寡黙に歌だけ歌っていたアリス時代のベーヤンが好きである。
    声もいいし、歌も上手いし、顔も結構タイプだったかも。
    早めの思春期だったせいか、ひとりセンチメンタルに浸ったふりしてよくこの曲を口遊んだものである。
    この曲はアリスの3ndシングル「愛の光」のB面にも収録されたもののアルバム、シングルともに全くヒットしなかったが、
    アリス復活ライブでも歌われており、堀内孝雄自身もきっとお気に入りの曲なのだろう。

    ★帰り道/アリス (作詞:谷村新司/作曲:堀内孝雄/発売日:1973年6月5日)

    036.jpg ※アリスの2ndアルバム「ALICE II」に収録

     

    1. 2019/05/31(金) 08:45:00|
    2. 愛しき昭和・平成の歌謡曲
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:4

    2378:瀑布と六尺     

    雄大な瀑布を背にした迫力ある構図の六尺画像である。本当にどうやってこんな見事な画像を自撮りしているのであろう。是非
    一度、撮影現場を見学させて頂きたいものである。

    2378-1.jpg    2378-3.jpg    2378-2.jpg

    1. 2019/05/30(木) 06:49:30|
    2. アジア・六尺黒猫
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:4

    2377:欲求の紅い薔薇

    ポーズといい色彩といい、なんとも煽情的な画像である。とくればこちらも当然彼の欲求を思い切り満たしてやりたい欲求に駆られてしまう。

    2377-1.jpg  2377-2.jpg  2377-3.jpg

    1. 2019/05/29(水) 05:05:05|
    2. アジア・尻
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:4

    【 愛しき昭和・平成の歌謡曲たち vol.35/ドンファン 】

    今日は久しぶりにアイドル曲、スタ誕出身の神田広美が歌う「ドンファン」を。
    作曲は昨日紹介した井上陽水らと共に「フォーライフ・レコード」を立ち上げた吉田拓郎。
    キャンディーズの「やさしい悪魔」や「アン・ドゥ・トロワ」、石野真子の「わたしの首領」などアイドルへの提供曲も多く
    どれを聴いても拓郎の曲であることが一聴瞭然?だが、本作にも拓郎節とも呼びたいメロディラインが至るところに。
    歌う神田広美はその後作詞家に転向し、郷ひろみ、荻野目洋子、山口百恵らに作品を提供。
    現在はアメリカで活動しているらしい。
    2コーラス目の「ドンファン レミーマルタン水で薄めては プレイガールたちの輪の中で踊る」の部分は
    歌詞を見ずしては絶対に聴き取れないのでは … (^^;) 。

    ★ドンファン/神田広美 (作詞:松本隆/作曲:吉田拓郎/編曲:馬飼野康二/発売日:1978年7月1日)

    035.jpg ※夫は「春一番」等で知られる作曲・編曲家の穂口雄右氏

     

    1. 2019/05/29(水) 05:00:00|
    2. 愛しき昭和・平成の歌謡曲
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:2

    2376:スプラッシュ❣

    なんとも凛々しい表情をしたイケメンである。彼が手にしている用具に関しては、当ブログの水中・水上スポーツに関する専任講師
    (と私が勝手に思っている)海雄さんの解説を待ちたい (^^) 。

    2376-2.jpg    2376-3.jpg    2376-1.jpg

    1. 2019/05/28(火) 15:34:45|
    2. アジア・水着
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:5

    【 愛しき昭和・平成の歌謡曲たち vol.34/つめたい部屋の世界地図 】

    学生時代、山口百恵と並んで一体どれくらい聴き込んだか分からないくらい聴き込んだ井上陽水。
    特にポリドール時代の4枚のアルバム「断絶」「陽水Ⅱセンチメンタル」「氷の世界」「二色の独楽」には
    当時奇才と評されていた彼ならではの名曲が満載である。
    この曲が収録された「陽水Ⅱセンチメンタル」にも「東へ西へ」「夜のバス」「神無月にかこまれて」「能古島の片想い」
    といった名曲が含まれているが、どの曲も星勝、深町純らの斬新なアレンジの素晴らしさにも注目である。
    なお、このアルバムのハイレゾがUNIVERSAL MUSICから配信されているのだが、
    アルバム購入で3,910円、単曲購入で607円、なかなかの価格である (^^;) 。

    ★つめたい部屋の世界地図/井上陽水 (作詞・作曲:井上陽水/編曲:星勝/ストリングス編曲:小野崎孝輔/発売日:1972年12月10日)

    034.jpg ※セカンド・アルバム「陽水Ⅱ センチメンタル」オープニング曲

     

    1. 2019/05/28(火) 15:30:10|
    2. 愛しき昭和・平成の歌謡曲
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:4

    2375:ビジソとケツワレ  

    下着とビジソ、お洒落に黒で統一である。もしかしたら週始まり早々の会社帰り、このエロリーマン姿を見せる誰かがいるのかも … (^^;) 。

    2375-1.jpg  2375-2.jpg  2375-3.jpg

    1. 2019/05/27(月) 05:00:00|
    2. アジア・リーマン
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:4

    2374:清楚なもっこり   

    デザイン的にも色彩的にも決して派手でもエロくもない地味な水着、モデルも生真面目な雰囲気を漂わせているが、だからこそ、控えめな清楚とも
    言えるもっこりが愛しく見える (^^) 。

    2374-1.jpg   2374-2.jpg   2374-3.jpg

    1. 2019/05/26(日) 10:26:58|
    2. 西洋・水着
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:4

    【 みゆき伝説 vol.3/紅灯の海 】

    今回の【みゆき伝説】は「2017歌縁」から「紅灯の海」を。
    「歌縁(うたえにし)」は2015年に始まった、
    中島みゆきを敬愛するアーティストが一堂に会して中島みゆきの名曲を歌う “ 中島みゆきリスペクト・ライブ ” 。
    以降、2017年、2018年、2019年と回を追うごとに公演回数・地域、参加アーティストとも増えている人気のライブである。
    さて「紅灯の海」はもともと竹中直人に提供した曲を中島みゆきがセルフカバーしたもので、アルバムの中でも支持の多かった作品。
    唄うのは中島みゆき本人も「潔い歌いっぷり」と評価する、歌唱力抜群の島津亜矢である。

    ★紅灯の海/島津亜矢 (作詞・作曲:中島みゆき/編曲:瀬尾一三/オリジナル発売日:1998年3月18日)

    03 紅灯の海 ※25thアルバム「わたしの子供になりなさい」に収録

     

    1. 2019/05/26(日) 10:25:05|
    2. 中島みゆき伝説
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:3

    2373:六尺兄貴の透け六  

    六尺兄貴も今回でなんと101回目の登場! 毎回本当に素敵な画像をアップさせて頂き、心から感謝である。そして今日は、嬉しい濡れて透けた
    六尺姿。いつも以上に雄のエロスを感じさせてくれる画像である (^^) 。

    2373-1.jpg  2373-2.jpg  2373-3.jpg

    1. 2019/05/25(土) 12:37:59|
    2. 六尺兄貴
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:3

    【 愛しき昭和・平成の歌謡曲たち vol.33/涙のシークレット・ラヴ 】

    「身も心も」「知らず知らずのうちに」「裏切り者の旅」と
    ダウン・タウン・ブギウギ・バンドにはバラードの名曲がいっぱい。
    この曲ももちろんその中の一曲である。
    宇崎竜童の歌は決して上手いとは思わないが、
    渋い歌声と味のある歌い方で聴く者を十分に魅了してくれる。
    ソロになってからも大人の鑑賞に堪えうるいい楽曲を発表しているが、
    「硝子坂」や「愚図」、以前紹介した山口百恵の「ミス・ディオール」などをセルフカバーした
    「しなやかにしたたかに〜女たちへ」へはおススメの一枚である。

    ★涙のシークレット・ラヴ/ダウン・タウン・ブギウギ・バンド (作詞・作曲:宇崎竜童/発売日:1976年7月20日)

    033.jpg ※イントロのサックスの音からして既に泣けてくる。

     

    1. 2019/05/25(土) 12:35:05|
    2. 愛しき昭和・平成の歌謡曲
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:2

    2372:左曲がりのダンディ vol.20

    左曲がりのダンディことアレックス氏、前回はモデル画像だったので今回はプライベート画像を。笑顔ももちろん悪くないが、少し眉間に
    皺を寄せた最後の画像のような表情がなんとも渋くて私は好きである。

    2372-1.jpg   2372-3.jpg   2372-2.jpg

    1. 2019/05/24(金) 05:00:00|
    2. 左曲がりのダンディ
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:3

    2371:コーヒー・ブレイク

    年を取るほどにコーヒーが好きになり、飲む回数も多くなる一方の私。もっこり中毒に続き、コーヒー中毒にもなりつつあるようである (^^;) 。

    2371-1.jpg  2371-2.jpg  2371-3.jpg

    1. 2019/05/23(木) 05:00:00|
    2. アジア・ビキニ
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:3

    2370:風通しよく快適に

    風通しがいいに違いなく、これからの季節には良さそうである (^^;) 。が、よくよく見るとウエストから上の部分は切り取ったような跡が。一体これ、もとはもとは
    どんな物だったのだろう。

    2370-01.jpg  2370-02.jpg  2370-03.jpg

    1. 2019/05/22(水) 05:00:00|
    2. アジア・濡れ透け下着
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:3

    2369:個性的な胸毛    

    胸毛の生え方がかなり個性的だが、下半身の濃さも含め、この毛深さは大歓迎である (^^) 。

    2369-1.jpg   2369-2.jpg   2369-3.jpg

    1. 2019/05/21(火) 05:05:05|
    2. アジア・体毛
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:5

    【 愛しき昭和・平成の歌謡曲たち vol.32/涙のドライヴ 】

    弘田三枝子と言えば「人形の家」。
    日本歌謡史に残る名曲、名唱だと個人的には思っているが、
    「人形の家」以外で私の記憶にある彼女の曲と言えば「私が死んだら」と「ロダンの肖像」くらい。
    そんなところへ、このコーナーを楽しみにして下さっているというHさんから彼女の「涙のドライヴ」という曲を紹介頂いた。
    先日YouTubeで聴いてみてHさんが推薦したくなるのも納得、これが実にいい曲なのである。
    そこで早速紹介させて頂くことに。
    作詞、作曲は前回紹介した渚ゆう子の「雨の日のブルース」と同じコンビ。
    筒美氏がこんな昔から活躍していたことも驚きである。

    ★涙のドライヴ/弘田三枝子 (作詞:橋本淳/作曲:筒美京平/発売日:1968年3月15日)

    032.jpg ※橋本&筒美コンビは本作の2作前にリリースされた「渚のうわさ」から5作連続で彼女に曲を提供。

     

    1. 2019/05/21(火) 05:00:00|
    2. 愛しき昭和・平成の歌謡曲
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:5

    2368:コリアンビルダー再び

    第2弾の紹介を予告しながらそのままになっているケースが多いことは以前も謝罪したが、記事 No.1906 で紹介したこちらの男性もそのひ
    とり。ビルダーとしてはまだまだ発展途上のようにも見えるが、私的にはこれくらいが程よく実に好ましい (^^) 。

    2368-1.jpg   2368-2.jpg   2368-03.jpg

    1. 2019/05/20(月) 09:06:12|
    2. アジア・ビルダー/マッチョ
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:3

    2367:緑に映えるボクブリ 

    今日も背景の緑が美しい画像である。ところでボクブリはビキニやブリーフに比べるとセクシーさに欠け、今イチだと思っていた私だが、もっこりシルエット
    をここまで綺麗に見せるUNICOのこのボクブリ、私のボクブリに対する評価もちょっと変わりそうである (^^;) 。

    2367-1.jpg  2367-2.jpg  2367-3.jpg

    1. 2019/05/19(日) 16:01:21|
    2. 西洋・ボクブリ/トランクス
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:3

    2366:新緑の中の六尺

    山間の渓流と新緑がなんとも清々しい六尺画像である。久しぶりにこちらの男性の画像を見ることができて嬉しい限りだが、この印象的な坊主
    頭にも惹かれてしまう私である (^^) 。

    2366-1.jpg  2366-2.jpg  2366-3.jpg

    1. 2019/05/18(土) 11:33:15|
    2. アジア・六尺黒猫
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:5

    【 愛しき昭和・平成の歌謡曲たち vol.31/雨の日のブルース 】

    一昨日の16日、沖縄気象台は沖縄地方が梅雨入りしたと見られると発表した。
    これは平年より7日遅く、昨年よりは16日早い梅雨入りとのこと。
    これから順次日本列島南からちょっと憂鬱な、しかし農家の方にとっては大事な雨の季節到来である。
    というわけで、今日は雨に因み「雨の日のブルース」を。
    実はこの曲、オリコンチャート最高位8位を記録し、渚ゆう子にとっては「京都の恋」「京都慕情」「さいはて慕情」に続き
    4作連続のトップ10入りを記録したヒット曲なので、決して隠れた名曲などではないのだが、
    前3曲に比べると耳にする機会もそう多くないので、今回紹介してみることに。
    高音の伸びが素晴らしい渚ゆう子だが、未だに疑問なのが彼女の高音が地声なのかファルセットなのかということ。
    例えば以前紹介した由紀さおりなどは地声からファルセットに変わる瞬間がはっきり分かるのだが、
    彼女の場合はそれが全く分からないのである。みなさんの判断はどちらだろうか。

    ★雨の日のブルース/渚ゆう子 (作詞:橋本淳/作曲・編曲:筒美京平/発売日:1971年8月5日) 

    031.jpg ※「京都ひとり」も大好きな曲だが、残念ながらYouTubeには未完成版しか。

     

    1. 2019/05/18(土) 10:50:19|
    2. 愛しき昭和・平成の歌謡曲
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:5

    2365:もっこり極小ビキニ 

    ベージュもオレンジもよく見るとヒョウ柄なような淡い黒のまだら模様が入ったユニークなデザインだが、私は結構好き。できれば一枚欲しいかも (^^;) 。

    2365-1.jpg   2365-2.jpg   2365-3.jpg

    1. 2019/05/17(金) 23:01:25|
    2. アジア・ビキニ
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:4

    2364:開脚と跳躍     

    もし中央の画像が本当に跳躍しているのであれば、床から直接のジャンプではとてもこんなポーズはとれないだろうから トランポリンを利用しているのかもしれない
    が、そうだとしてもこの開脚、体の硬い私から見たら驚きの柔軟性である。

    2364-1.jpg  2364-3.jpg  2364-2.jpg

    1. 2019/05/16(木) 05:05:05|
    2. 西洋・ブリーフ
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:4

    【 百恵伝説 vol.4/オレンジ・ブロッサム・ブルース 】

    山口百恵17歳の時にリリースされたアルバム「パールカラーにゆれて」。
    このふたつ前のアルバム「17才のテーマ」あたりから
    山口百恵の歌唱にはっきりとビブラートがつき始めたのだが、
    そのビブラートが完成されるまでの過渡期に当たるこのアルバムは
    ビブラートや声の若干の不安定さが、逆に思春期の心の揺らぎを効果的に伝える結果となっており
    素人ながら「ゆれる百恵、青春の真ん中で … 」というアルバムのキャッチ・コピーは何と的を射た表現かと感心したものである。
    その傾向が特に顕著にみられるのが「愁いノート」「嘆きのサブウェイ」「モノトーンの肖像画」といった作品群だが
    中でもこの曲は17歳とは思えない歌唱力で歌の世界観を見事に表現している。

    ★オレンジ・ブロッサム・ブルース (作詞:阿木燿子/作曲:宇崎竜童/編曲:矢野立美/発売日:1976年12月5日)

    04.jpg ※10thアルバム「パールカラーにゆれて」(オリコン最高位6位)に収録

     

    1. 2019/05/16(木) 05:00:00|
    2. 山口百恵伝説
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:4

    2363:無精髭のケツワレ兄貴

    今回は久しぶりに六尺兄貴のケツワレ姿を。無精髭程度に伸びた髭がなんとも男くさくてかっこいい!

    2363-1.jpg  2363-2.jpg  2363-3.jpg

    1. 2019/05/15(水) 05:05:05|
    2. 六尺兄貴
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:4

    2362:自慢のTバック   

    Tバックを穿きたくなるのも十分理解できるいい男尻である。広い肩、引き締まったウエスト、逞しい太腿と、後姿全体のバランスも素晴らしい。

    2362-1.jpg  2362-3.jpg  2362-2.jpg

    1. 2019/05/14(火) 05:05:05|
    2. アジア・Tバック
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:3

    【 愛しき昭和・平成の歌謡曲たち vol.30/エスメラルダ 】

    高橋真梨子の「桃色吐息」、谷村新司の「十二番街のキャロル」等、
    作曲家として他人への提供曲も多い佐藤隆。
    できれば「ひとひらの雪」を紹介したかったのだが、
    残念ながら本人のものもジュディ・オング版もYouTubeにはアップされていないようなので
    今日は同じくお気に入りの一曲であるこの曲を。

    ★エスメラルダ/佐藤隆 (作詩:松本隆/作曲:佐藤隆/編曲:白井良明/発売日:1990年8月22日)

    030.jpg ※わずか9年ほどしか流通しなかった8cmCDの黎明期にリリース

     

    1. 2019/05/14(火) 05:00:00|
    2. 愛しき昭和・平成の歌謡曲
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:5

    2361:際どいビルパン

    左からグーとチョキ、グーとパー、グーとグーと、ひとりジャンケンをしているみたいで、ちょっと面白い (^^) 。 さぁ、今週もこの際どい赤のビルパン
    にパワーをもらい、頑張っていこう。

    2361-1.jpg  2361-2.jpg  2361-3.jpg

    1. 2019/05/13(月) 05:00:00|
    2. アジア・ビルダー/マッチョ
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:4

    2360:つぶらな髭面    

    髭面のサングラス。渋い中年男性かと思いきや、サングラスを外したその顔はつぶらな瞳の若者。どうりで肉体も張りのあるツヤツヤ肌である。

    2360-1.jpg   2360-2.jpg   2360-3.jpg

    1. 2019/05/12(日) 10:36:45|
    2. アジア・水着
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:4

    【 愛しき昭和・平成の歌謡曲たち vol.29/少し遠出をしてみませんか 】

    爽やかに晴れ渡った気持ちのいい休日である。
    連休も終わったばかりだが、少し遠出をしてみたい気分である。
    というわけで、歌詞の季節感とはちょっとズレがあるが
    スター誕生出身・浦部雅美の「少し遠出をしてみませんか」を。
    彼女も実力はありながら、最後までヒット曲には恵まれなかった残念な歌手のひとり。
    特に最近は男女を問わず高音のキンキン声が多い中、
    彼女の声はなんともまろやかで耳に心地よい。

    ★少し遠出をしてみませんか/浦部雅美 (作詩:中里綴/作曲・編曲:森田公一/発売日:1976年9月25日)

    029.jpg ※デビュー曲とは思えない安定感抜群の音程と伸びやかな声が素晴らしい

     

    1. 2019/05/12(日) 10:35:00|
    2. 愛しき昭和・平成の歌謡曲
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:3

    2359:朝勃ちの休日    

    平日の朝はかまってやる時間などない朝勃ち。休みの朝くらいは好きなだけその昂ぶりを見守ってやることにしよう (^^;) 。

    2359-1.jpg  2359-2.jpg  2359-3.jpg

    1. 2019/05/11(土) 12:06:26|
    2. アジア・ビキニ
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:3
    次のページ

    プロフィール

    Author:シングル・マン
    ゲイ向けブログ「やっぱり男が好き」へようこそ! 男性の下着姿をこよなく愛する中年リーマンです。いつか自分で男性の下着姿を撮影するのが夢。

    ★当ブログではご自身の画像をアップされている個人ブログ、サイトからの無断転載は一切行っていませんが、もしめぐりめぐってそういった画像がアップされ、掲載を希望されない場合、お手数ですがブログ(サイト)名とそのアドレスをご一報ください。確認のうえすぐに削除致します。

    ★自撮り画像を当ブログで紹介してもいいという方、こんな画像があるので当ブログでも取り上げてほしいという方がいましたら下記アドレスまでよろしくお願いします。
    yappari.otokoga.suki@gmail.com

    最新記事

    最新コメント

    最新トラックバック

    月別アーカイブ

    カテゴリ

    六尺兄貴 (108)
    左曲がりのダンディ (21)
    アジア・六尺黒猫 (177)
    アジア・ビキニ (114)
    アジア・ブリーフ (77)
    アジア・ケツワレ (6)
    アジア・ボクブリ/トランクス (31)
    アジア・水着 (39)
    アジア・Tバック (10)
    アジア・下着各種 (8)
    アジア・濡れ透け下着 (111)
    アジア・リーマン (13)
    アジア・股間アップ (10)
    アジア・ビルダー/マッチョ (36)
    アジア・ガチムチ/SG (36)
    アジア・むっちりぽっちゃり (12)
    アジア・顔/いい男 (11)
    アジア・もっこり (3)
    アジア・尻 (31)
    アジア・body parts (2)
    アジア・裸体 (14)
    アジア・全裸 (37)
    アジア・体毛 (21)
    アジア・中年/熟年 (9)
    アジア・アスリート (10)
    西洋・ビキニ (42)
    西洋・ブリーフ (42)
    西洋・ケツワレ (5)
    西洋・ボクブリ/トランクス (23)
    西洋・下着各種 (8)
    西洋・濡れ透け下着 (41)
    西洋・下着リーマン (7)
    西洋・股間アップ (5)
    西洋・水着 (23)
    西洋・ポルノスター (1)
    西洋・アスリート (13)
    西洋・ビルダー (15)
    西洋・マッチョ/SG (7)
    西洋・ダンサー (3)
    西洋・顔/いい男 (12)
    西洋・中年/熟年 (22)
    西洋・ジーンズ (1)
    西洋・スポーツウェア (1)
    西洋・全裸 (8)
    西洋・尻 (17)
    西洋・体毛 (7)
    ビキニ (84)
    ブリーフ (117)
    スパッツ・タイツ (8)
    Tバック・ソング (26)
    ケツ割れ (31)
    競パン・海パン (106)
    下着各種 (83)
    変わり種下着 (3)
    ジーンズ (10)
    下着ブランド (30)
    カップ (2)
    短パン (4)
    アスリート・各種 (2)
    スポーツ選手 (14)
    ポルノスター (26)
    青年・若者 (11)
    中年・親父 (105)
    有名人 (10)
    いい男 (42)
    モデル (52)
    ビルダー (22)
    リーマン (24)
    LOVERS (11)
    body (159)
    尻 (74)
    体毛 (44)
    もっこり (38)
    フェチ (5)
    SM (2)
    ポロリ・チラリ (3)
    自撮り (4)
    面白・ハプニング (6)
    スキンヘッド (4)
    TWINS (4)
    アラカルト (20)
    未分類 (15)
    削除 (1)
    週末蔵出しアラカルト (13)
    愛しき昭和・平成の歌謡曲 (64)
    愛しき昭和・平成のBGM (4)
    愛しき昭和・平成の映画音楽 (4)
    愛しき昭和のアニメソング (2)
    山口百恵伝説 (6)
    中島みゆき伝説 (5)

    楽しんでもらえましたか?

    またの訪問お待ちしております

    現在の閲覧者数:

    検索フォーム

    RSSリンクの表示

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード

    QR